効果的なケノンの使い方まとめ記事。



ケノンの使い方に関して、色々と解説をしてきましたが、何となくケノンの使い方に関してご理解頂けましたでしょうか?

ここで、ケノンで効果的な脱毛をする為のまとめをしていきたいと思います。

1,ケノンでの照射1日~2日前に、カミソリやボディシェーバーで剃毛処理をすること。

2,照射直前に、対象部位をしっかりと冷却すること。

3,乾燥肌の方は、照射後、お肌に刺激の少ない保湿ローションなどで保湿をすること。

4,毛周期に合わせた照射を意識しすぎないこと。(脱毛サロンで良く語られる)

これくらいでしょうか。
4番の「毛周期に合わせた照射」というのは、脱毛サロンで良く語られる事ですが、脱毛サロンの事情を美化した言い訳に近いです。結論、1ヶ月~2ヶ月に1回の照射が最適です。と言う事になる理論ですね。笑
家庭用脱毛器の場合、1回あたりのコストも安いのが特徴ですし、個人的には5日~1週間に1回のペースが断然良いです。
ケノンの公式サイトでも2週間に1回の照射を推奨していますし。

脱毛効果を早く得たいのであれば、1週間に1回程度の照射。
脱毛カートリッジを買い増ししたくなくて、家族4人くらいで共用してます!って言うことであれば、2週間~3週間に1回くらいのペースでの照射の方が良いかもしれません。
ただ、脱毛が完了するまでの期間には、圧倒的な差が出ると思います。
そこら辺のバランスは、各々で決めるしかないので、お任せします!
私の場合、1人で使用しているので、初回に付いてくるカートリッジが有り余るのが見え見えでした。
なので、ハイペースで照射しています。笑

こんな感じですね!
参考になれば嬉しいです♪

ケノンの使い方に関するよくある質問

ケノンの使い方に関する、よくある質問を解説していこうと思います。
・ケノンでの照射前に必要な準備は?

ケノンで照射する前日・前々日あたりに、照射部分を一度ボディシェーバーなどで剃毛する必要があります。
ケノンの説明書によると、毛が1mm~2mm表皮から出ている状態での照射が一番効果的だそうです。
・ケノンで照射前日に剃毛するとの事ですが、毛抜きで抜いたほうが良いですか?

フラッシュ脱毛の場合、毛根の毛乳頭にある毛母細胞のメラニンに光エネルギーを照射して、変成作用を得ますので、毛抜きや脱毛テープや毛を引き抜くタイプの脱毛器・ブラジリアンワックスなどでの処理は厳禁です。
ケノンのフラッシュ脱毛の効果を得られなくなりますので、必ず、カミソリやボディシェーバーで剃毛処理するようにしてください。
剃毛後、チクチク感がありますが、我慢してください。笑
ケノンで照射する事で、毛の先端部分も若干焼け、丸みを帯びますので、(肉眼では分かりません。)チクチク感は無くなります。
ケノンでの照射までは我慢!!
・ケノンでフラッシュ照射した後も、普通に毛が生えているんですけど・・・。
フラッシュ脱毛もレーザー脱毛も、照射後すぐ毛は抜けません。
5日~10日ほどで、自然と抜け落ちていきます。
試しに、ケノンで照射後1週間ほどした時に、照射部分の毛を引っ張ってみて下さい。
毛が面白いようにスルスルと抜けていきますよ!
・アトピー性皮膚炎を持っているのですが、ケノンは使えますか?
公式サイトで明言はされていないので、なんとも言えないですけど、
私が実際にアトピー患者です。肌も生まれつき弱いですが、ケノンを使ってます。
ケノンを使い始めて3ヶ月ほどが経過しますが、炎症や火傷・かゆみの悪化などは一切出ていません。
ただ、アトピー患者さん全員がそうかと言うと、保証は出来ませんので、弱いレベルから徐々に試していくことをお薦めします。

効果的なケノンの使い方

ケノンの効果的な使い方

ケノンの効果的な使い方として、照射の周期が脱毛が完了するまでの期間に大きな影響を与えます。
一般に、脱毛サロンやエステなどの場合、1回あたりの照射コストや客単価、人件費などの数字をシビアにチェックします。営業利益率等に関わってくるので。
顧客満足と上記のような企業サイドの都合をすりあわせた結果、1ヶ月に1回や2ヶ月に1回と言うような照射周期となるのですが、本当にこの照射周期が良いのかというとそうでは無いと思います。
確かに、1照射あたりで効果を脱毛効果を得る毛の本数で考えた時には、良い周期かもしれません。

ケノンの効果に関しては、こちらのサイトが参考になります。
参考サイト:ケノン効果

ただ、ケノンなどの家庭用脱毛器を使う方の場合、カートリッジの残回数にはかなり余裕がありますし、極力短い期間で、出来るだけ早く全身脱毛したい!と言う方が多いはず。
そういった場合には、1週間程度の照射の方が断然早く脱毛を進める事が出来ます。
脱毛サロンの照射でも1週間に1度程度の照射を受けた方が、早く脱毛は出来ますが、お店の金銭的都合を考えた時に、無理ですよね。

ですので、最速で脱毛を実現したい方には、脱毛サロンよりも家庭用脱毛器をお薦めします。
気にせず、ハイペースで照射できますからね。
私の場合、ケノン購入当初は、5日に1回のペースで照射していました。
1ヶ月半位でかなり脱毛効果が出てきて、それからは生えてくる毛の伸びるペースがかなり遅くなったので、照射周期を10日に1回~2週間に1回程度の照射周期にペースを落としました。

私は、実際にケノンのカスタマーサポートに照射周期のことで電話したことがあるのですが、その際には、1週間に1度程度、照射してもお肌に悪影響はありませんし、効果的だと思いますよ。とのことでしたので、お薦めです!

お肌が弱い方などは、照射後間隔を開けた方が良い方もいるかもしれません。
でも、私もアトピー性皮膚炎持ちですし、お肌はかなり弱い方ですが、今のところ、特に問題はありません。

ケノンの使い方解説(美顔)

さて、前回のケノンの使い方解説 脱毛編に引き続き、今回は、ケノンの使い方「フォトフェイシャル美顔編」です。

ケノンのフォトフェイシャル美顔機能も、脱毛機能と同様の使い方になります。

一つ、やるべき事と言うと、
カートリッジを美顔カートリッジに付け替えるくらいです。

ケノンのスゴイ所の一つに、カートリッジを自動認識する点です。
美顔カートリッジを装着すると、美顔モードに自動的に切り替わります。
ただ、電源ON時にカートリッジを付け替えると、モード切替の為、本体の再起動が必要になります。

と言っても、所要時間5秒程度ですので、特に問題は無いかと思います。

フォトフェイシャル、美顔機能を使ってみた感想を少しだけ。
照射してみた間隔は、脱毛時と違って、痛みがない事。ただ温かいだけ。
って感じです。
ただ、高レベル時の照射は、かなり熱いので、クーリングパックでしっかりと冷却してから、フォトフェイシャルの照射を行うようにしてください。
使い方を誤らないように!

ケノンのフォトフェイシャルの効果ですが、赤ニキビやニキビ跡・ほうれい線などに効果を体感しています。
照射直後は、血行がかなり良くなり、お肌がモチモチになります。
もちろん、化粧水もローションも何も塗っていない状態で、です。
フォトフェイシャル自体使った事が無かったので、この効果には驚きましたねー。
まだ使っていないかたは、是非使ってください!
ケノンのフォトフェイシャル機能、かなりお薦めですよ。

ということで、簡単ではありますが、ケノンのフォトフェイシャル美顔の使い方の解説でしたー。
フォトフェイシャル機能の使い方、参考になりましたでしょうか?

ケノンの使い方解説(脱毛)

このサイトでは、家庭用脱毛器のケノンを使って、効果的な自宅脱毛を実現すべく、使い方や効果的な照射周期など、ケノンを使った脱毛に関する様々なトピックスをご紹介していきたいと思っています。

ケノンユーザーの方や、これからケノンの購入を検討している方の参考になる情報がご提供出来れば嬉しいです。

それでは、早速ケノンの基本的な使い方から、ご紹介していきたいと思います。

順を追って、ケノンの使い方(フラッシュ脱毛)を解説していきます。

ケノンは、家庭用の100Vコンセントを使用します。
まずは、付属の電源ケーブルをコンセントに繋ぎ、ケノン本体の電源ボタン(タッチセンサー式)を押し、起動させます。

脱毛照射で使用する際には、脱毛カートリッジ(スリム)もしくは、脱毛カートリッジ(ラージ)を使用しますので、カートリッジが美顔カートリッジになっていないか確認してください。

ケノン購入時に付属のクーリングパックを使って、照射部位をしっかりと冷却します。

冷却ができましたら、照射部位にハンドピースをあてて、
ハンドピース上部にある、照射ボタンを押すだけです。

すると、強烈な光が放たれますので、決して直視しないようにして下さい。
この光、本当に強力ですので、付属のサングラスをかける事をお薦めします。
目をつぶっても、かなりの閃光を感じます。笑
小さいお子様のいらっしゃる家庭等は、特に気をつけてください。
ケノンの脱毛時の使い方は、本当にこれだけなんですが、
伝わりましたでしょうか?

使い方自体は、本当に簡単です。
気をつけるべき点は、光を直視しないこと。
照射部位をしっかりと冷却すること。
いきなり強いレベルで照射しないこと。

ぐらいでしょうか。

次回は、ケノンのフォトフェイシャル美顔の使い方について解説していきたいと思います。